パーフルオロエラストマー

パーフルオロエラストマー(FFKM)

パーフルオロエラストマー(FFKM)は、ポリマー鎖が完全にフッ素化されているため、耐熱性と耐薬品性を考慮した場合、エラストマーの中でも究極の性能を発揮します。燃料、あらゆる種類の潤滑油およびグリース、鉱物ベースおよび油圧作動油、溶剤、アルコール、ほとんどの酸およびアルカリに対する優れた耐性を備えています。


加硫方法

パーオキサイド加硫(過酸化物加硫)、及び、ニトリル加硫標準のFFKMは通常、過酸化物硬化を用います。ニトリル加硫のFFKM化合物は、過酸化物硬化よりも耐熱性に優れています。


その他の標準的なバリエーション

  • FFKMは、高温、油、溶剤、火炎、化学薬品、風化に対する優れた耐性を備えています。通常、半導体、化学処理、航空宇宙、および多くの産業で使用されます。
  • FFKMは、非常に活性の強い媒体、高圧、極端な温度の石油およびガス産業でも使用できます。これらは、急速なガス減圧に対しても耐性があります。


一般情報

ASTM D 1418 指定 : FFKM

ISO/DIN 1629 指定 : FFKM

ASTM D2000/SAE J 200コード : KK

標準的な色 : 黒

硬度範囲 : HA60~95

相対コスト : 高


使用温度

標準低温度 : 0°C / 32°F

標準高温度 : 250°C / 482°F

特殊化合物低温 : -30°C / -22°F

特殊化合物高温 : 315°C / 599°F 

パフォーマンスを発揮できるシール媒体 パフォーマンスを生かせないシール媒体
  • 炭化水素
  • アルカリ
  • アミン
  • 潤滑剤
  • ケトン/エステル/エーテル
  • 耐オゾン性、耐候性、高温ガス
  • 酸(有機酸および無機酸)
  • 水/蒸気
  • 酸性ガス
  • アルデヒド
  • 高真空
  • フッ素系液体