ブチルゴム

ブチルゴム(IIR)

ブチルゴムは、イソブチレンを共重合させたもので、少量のイソプレンを含みます。これは、化学および極性流体に対する優れた耐性と優れた電気絶縁性・耐オゾン性を備えるEPDMのようなものです。ブチルゴムの際立った特徴は、ガスと水分の透過性が低く、衝撃吸収性が高いことです。これらの特性により、ブチルゴムはさまざまな用途でポリマーとして選択されています。


硬化システム

標準のIIRは硫黄硬化を用います。


その他の標準的な適用対象

  • IIRは、エラストマーが食品または飲料と接触する用途(たとえば、アルコールまたは医療用の瓶を密閉するシール)で使用する場合、21.CFR177.2600で指定されている「ホワイトリスト」成分のみを使用して配合することができます。


一般情報

ASTM D 1418 指定 : IIR, CIIR, BIIR
ISO/DIN 1629 指定 : IIR, CIIR, BIIR
ASTM D2000/SAE J 200コード : AA, BA
標準的な色 : 黒
硬度範囲 : HA50~80
相対コスト : 低


使用温度

標準低温度 : -55°C / -67°F
標準高温度 : 100°C / 212°F


良好な性能を示す用途...

それほどうまく機能しない用途...

  • アルコール
  • ケトン
  • 希酸およびアルカリ
  • シリコーンオイルおよびグリース
  • 水および蒸気
  • リン酸エステルベースの油圧作動油 - Skydrol®
  • オゾン、経年劣化、風化
  • 脂肪族および芳香族炭化水素
  • ハロゲン化溶剤
  • 石油ベースのオイルおよびグリース