熱可塑性ポリウレタン

熱可塑性ポリウレタン(TPU)

熱可塑性ポリウレタン(TPU)は、完全熱可塑性のエラストマーです。すべての熱可塑性エラストマーと同様に、TPUは伸縮性があり溶解加工が可能です。成型方法として押出成形、射出成形、ブロー成形、圧縮成形が選択できます。

熱可塑性ポリウレタン(TPU)は、ジイソシアネートと1つ以上のジオールの間で重付加反応が発生したときに作成される、特殊プラスチックのカテゴリです。その結果、高い弾力性、優れた圧縮歪に加えて、衝撃、摩耗、引き裂き強さ、耐候性、さらには炭化水素に対する耐性があります。

TPUは、可塑剤を使用せずに柔軟性を提供するだけでなく、幅広い硬度と高い弾性を備えています。実際、TPUはゴムとプラスチックの間の材料を橋渡しする役割が期待されています。


その他の標準的なバリエーション

TPUには、他のプラスチック材料とは一線を画す、いくつかの共通の性能特性があります。これらは普通下記のものを含んでいます。

  • 高い耐摩耗性。
  • 優れた低温性と衝撃強度。
  • オイル、グリース、および多数の溶剤に対する弾力性。
  • 広範な温度範囲での優れた柔軟性。
  • 優れた耐候性と高エネルギー耐放射線性。
  • 接着および溶接への適合性。


一般情報

硬度範囲 : HA80~95

相対コスト : 中~高


使用温度

標準低温度 : -35°C / -31°F

標準高温度 : 100°C / 212°F 

パフォーマンスを発揮できるシール媒体 パフォーマンスを生かせないシール媒体
  • 希酸、及びアルカリ性溶液
  • 鉱物油
  • オゾン
  • 脂肪族炭化水素
  • 50℃までの水
  • 潤滑剤
  • ケトン類
  • エステル類
  • 熱水、及び蒸気
  • 極性有機溶媒
  • 芳香族炭化水素
  • アルカリ、アミン
  • 酸類