GMORS

戻り

GMORS プレシジョン マイクロラバーパーツ

2024 / 04 / 01
Articles
5377

激しい競争の市場環境において、様々な産業で品質と性能への要求が高まっています。シールシステムにおける重要なコンポーネントである精密Oリングは、寸法許容差とバリの正確な制御により、産業の効率と品質に直接的な影響を与えます。さらに、彼らは様々な産業の製品に価値を加えることができます。例えば:


産業製造プロセスでは、多くの機械設備がシール用にOリングを必要としており、油圧および空気圧のコンポーネントなどが含まれます。精密Oリングは、特に高圧、高温、高速などの厳しい条件下で、油圧または空気圧システムの漏れを効果的に防止します。寸法とバリの正確な制御は重要であり、精密Oリングの適用は機械設備の安定性、効率性、寿命に直接影響を及ぼします。

自動車産業では、精密Oリングはシールの信頼性と耐久性を確保し、それにより車両の性能と安全性を向上させます。特にエンジンや油圧システムでは、寸法とバリの精度が自動車の運転効率と燃料利用に直接影響を及ぼします。

医療機器分野では、高圧ガスや液体のシール用途に精密Oリングが一般的に使用されており、外科器具や医療ガス供給システムなどが含まれます。過剰なバリは人体に汚染のリスクをもたらす可能性があります。寸法の正確さは、機器の効率的な運用と患者の安全性を確保するための重要な要素です。

GMORSは、優れた技術力と品質サービスにより、精密Oリング技術の分野で画期的な進歩を遂げてきました。GMORSの精密Oリング技術は、内径の最小製造サイズを0.50mm、ワイヤ径を0.40mm、寸法公差を±0.01mm、バリを0.03mm以内の範囲で制御できます。これは高度な製造精度の高さを示しています。(図1)


 

GMORSは、金型開発プロセスにおいてモールド加工中の偏差を0.01mm以内に正確に制御するために、主にドイツから輸入された高精度マシンツールを使用しています。それは1%の誤差許容範囲内で正確な材料収縮制御を実現し、標準化された生産プロセスによって製品の寸法安定性を確保しています。 GMORSはまた、特殊なフラッシュ除去プロセスを採用し、信頼性の高いAOIマシンビジョン検査機器を介して厳格な品質管理を行っています。

GMORSが提供する精密Oリングは、さまざまな産業に優れた解決策を提供します。精密Oリングに関するご要望がある場合は、お気軽にお問い合わせください。GMORSは、最高品質の製品とソリューションを提供することに尽力しています。