GMORS

スチレンブタジエンゴム

スチレンブタジエンゴム (SBR)

世界で最も広く使用されている合成ゴムは、スチレンとブタジエンの共重合であるSBRです。
SBRは初めて世に出したバイエルの商標でブナS®とも呼ばれていました(バイトンがFKMの代名詞となったように)。
SBRゴムが最も多く使われているのは、天然ゴムとブタジエンゴムをブレンドしたタイヤ向けとなります。
SBRは単体では強度が非常に弱く、カーボンブラックによる補強なしでは使用する事ができません。
しかし、カーボンブラックを補強材として配合する事で、耐摩耗性に優れ強度を有したゴムへとなります。
SBRの欠点は、ポリマー主鎖の二重結合がある為、耐油性が悪く、耐候性、紫外線、酸素、耐オゾンなどに適していない事です。

加硫方法

標準SBR化合物は硫黄硬化です。

一般的な用途

  • NRおよびBRと混合され、自動車などのタイヤ製造に使用されます。
    非鉱油ベースのブレーキ液のシールに使用されます。

ブナS®はLANXESSの登録商標です。

一般情報

ASTM D 1418 指定
SBR
標準的な色
ISO/DIN 1629 指定
SBR
硬度範囲
50-70 Shore A
ASTM D2000/SAE J 200コード
AA, BA
相対コスト

推奨する使用温度環境

標準材の低温
-55°C / -67°F
特殊化合物低温
標準材の高温
100°C / 212°F
特殊化合物高温

パフォーマンスを発揮できるシール媒体

  • アルコール
  • シリコーンオイルおよびグリース
  • 非鉱油ベースのブレーキ液
  • 弱酸

パフォーマンスを生かせないシール媒体

  • 石油ベースのオイルおよび燃料
  • 芳香族、脂肪族、またはハロゲン化
  • 炭化水素
  • 強酸
  • 鉱油