石油・天然ガス産業

GMORSはいくつ急速ガス減圧用(RGD)ゴム配合を開発できました。これらはオイル・ガス産業向け、Element Hitchinという第三者試験所でRGDテストを行い、認証を取得しました。ゴム配合は広い温度変化範囲において浸食性化学物質と気体に耐えらえるように設計されており、高いシーリング効果を維持します。認証取得規格はNORSOK M-710 / ISO 23936,NACE TM0297、API6A、TOTAL GS EP PVV 142です。(GMORS材料認証)

急速ガス減圧(Rapid Gas Decompression, RGD)
急速ガス減圧(RGD)とは、内部と外部の間に大きな圧力勾配が存在した時に、ゴムシーリング装置に起こりうる現象を言います。圧力勾配により、圧力が急速に低下した時、ガスはゴムシールに浸透した可能性があります。OリングシールのRGD耐性を評価するために、急速減圧、高温、高圧、易燃、腐食の環境下で試験を行います。RGD材質は石油・ ガス産業でよく使われていますが、急速ガス減圧現象のある装置でも適用されています。